はじめての方はこちら

満足度99%:アベンジャーズ エンドゲーム感想【ネタバレなし】

満足度:99%【ランク超】

2019年12月31日更新

※前作インフィニティウォーのネタバレを含みます

あらすじ

前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」で、宇宙最強の敵サノスに立ち向かうも、ヒーローたちを含めた全人類の半分を一瞬で消し去られてしまうという敗北を喫したアベンジャーズが、残されたメンバーたちで再結集し、サノスを倒して世界や仲間を救うため、史上最大の戦いに挑む姿を描く。

11年の軌跡を集約した、究極のアメコミ映画

始めての記事は、是非これにしたかった「アベンジャーズ/エンドゲーム」。

満足度100%にしていないのは、初めての記事で100を出したくなかったからにすぎず、アクションやヒーローものが好きな自分にとっては、ほぼ満点に近い。なにせ、劇場を出た後に興奮しすぎて友人とそのまま居酒屋で語り合ってしまったほど、本作は熱量が凄まじかったのだ。

それもこれも、第1作のアイアンマンから連なる11年の積み重ねが、全て本作に集約されていたのだ。ただのアメコミ映画と重みが違う1作になっていた。

言いたいことはただひとつ。ありがとう!アベンジャーズ!

前作、インフィニティウォーという最高の撒き餌

前作鑑賞後、私が抱いた感情は想像以上の「これどうすんの…?」感。 正直ある程度どういう雰囲気で終わるかは察してはいたものの、 ヒーローたちが絶望に打ちひしがれた状態で終わり、ラスボス「サノス」のアップで、前作のインフィニティウォーは終了した。

映画に限らず、エンターテイメントはふり幅が大きいほど感情に訴えかける力が強くなる。そういう意味では、絶望のどん底で終了した前作は、今作に向けての最高の撒き餌だったと言える。

前作を観ると、どうやったら勝てる?どうやったら日常が取り戻される?という予想がつかない状態になるという寸法だ。(ファンはその間1年間放置されたからね、長かったよね…)

というわけで、前作を観ずに、Googleで検索して「アライグマの映画」を検索して~とかの軽いノリで観に行くのは絶対にNG!意味が分からない!

絶望から立ち上がるからこそヒーロー!

これが、エンドゲーム鑑賞後、私が主軸として考えさせられたこと。

アベンジャーズの面々は能力に差がある。チーム最強といえばキャプテンマーベルになるのだろうか。しかしながら、 MCU(マーベルシネマティックユニバース)は、ヒーローの弱い部分を「力を持たない我々にも共感できるように」しっかりと表現する。※これがDCとの差だと思うんだよね…。

本作の冒頭はインフィニティウォーの続きから始まり、しょっぱなから衝撃的な展開となる。この事件はそれで一件落着なのかと思いきや、全然、何も、解決しておらず、アベンジャーズの心は晴れないまま。

最終的にあり希望へ向かい、終結するものの、そこまでには色々な葛藤がヒーローそれぞれにある。

その絶望から這い上がり、ラストシーンまで向かう様が、困難に立ち向かう勇気を与えてくれる。

キャプテンアメリカのある言葉が最大のカタルシスを生む

終盤、キャプテンアメリカがある「号令」をかけるのだが、その言葉は映画の中でもターニングポイントとなるだけでなく、個人的にはその言葉が「11年の集大成」と言っても過言でないと思っている。

この、映画史に残る一言を聞きに行くために、劇場へ足を運んでも良いくらいだ。

原作のアベンジャーズを知っていればわかる言葉だが、ここでその「号令」をかけるか!とファンは胸熱×鳥肌状態になり、号泣すること滝のごとし。約束しよう。

注意点:ファンでなければ過度な期待は禁物。一見さんお断り映画。

冒頭のキャッチにも入れたが、これはMCUの集大成。全くアメコミ系の予備知識が無い方は止めた方が良い。せめて「バットマン」とか「スーパーマン」は出てこないヤツ、くらいの知識は持っていてほしい。

ちなみに、私が推奨する鑑賞必須の作品は下記となる。

≪絶対に観るべし≫

・アベンジャーズ/インフィニティウォー

・アントマン&ワスプ ※こんなに重要な映画だったなんて

≪観たほうが良い≫

・アベンジャーズ

・アベンジャーズ/エイジオブウルトロン

・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー1と2

・キャプテンアメリカ/シビルウォー

上記は、あくまで最低限。キャラのバックボーンなどを調べれば、取り合えず話にはついていける程度にわかるものになっている。

涙が出そうになる小ネタたち

なにせ、22作分のネタが詰まってるから…。ファンからすると、小ネタだけでもちょいちょいグッときて、そしてまた泣きそうになる。代表的なところをピックアップすると。

「まずはチーズバーガーを」※アイアンマン

「トニースタークにもハートがある」※アイアンマン

「ムジョルニア持ち上げ大会」 ※エイジオブウルトロン

「On your left」※キャプテンアメリカ/ウインターソルジャー

上記なんかを覚えておくと、涙腺崩壊間違いなし。

まとめ:迷っているなら観ろ!

過去に少しでもMCUシリーズを観たり、面白いと感じた方は観るべし!

概要・キャスト

公式URL: https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

2019年製作/182分/G/アメリカ
原題:Avengers: Endgame
配給:ディズニー

監督 アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ

ロバート・ダウニー・Jr
クリス・エヴァンス
マーク・ラファロ
クリス・ヘムズワース
スカーレット・ヨハンソン
ジェレミー・レナー
ドン・チードル
ポール・ラッド
カレン・ギラン
ブラッドリー・クーパー
ブリー・ラーソン
ダナイ・グリラ
ベネディクト・カンバーバッチ
チャドウィック・ボーズマン
トム・ホランド
ゾーイ・サルダナ
エヴァンジェリン・リリー
テッサ・トンプソン
レネ・ルッソ
エリザベス・オルセン 

記事画像参照元: (C)2019 MARVEL

「アベンジャーズ エンドゲーム」映画感想:オグマの映画レビュー
更新情報はTwitterでお知らせ中!フォローはこちらから!

記事が面白かったらシェアしてね!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    月別