はじめての方はこちら

満足度:48% ヘルボーイ 感想【ネタバレなし】

満足度:48%【ランク小】

あらすじ

超常現象調査防衛局“B.P.R.D.”のエージェントであるヘルボーイ(デヴィッド・ハーバー)は、イギリスで暴れ回る巨人退治の指令を受ける。暗黒時代に封印されたブラッドクイーン(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が1,500年の時を超えて眠りから覚めたことを知ったヘルボーイと、霊媒能力を持つ少女アリス(サッシャ・レイン)、ベン・ダイミョウ少佐(ダニエル・デイ・キム)らは、ブラッドクイーンに接近する。

素材を活かしきれていない感が満載…

(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

私は、ギレルモ監督版のヘルボーイは2作とも視聴済みである。

そのリブート前の作品と比べての感想であるが、正直に言うとなんだか盛り上がりに欠けるというか、いたって普通な映画になっている印象だ。

振り返って考えると、本作の大きな課題だと感じる点が2つある、

①ヘルボーイの強さが伝わらない
⇒ヘルボーイはアメコミ界でもかなり上位の強さを誇るキャラのはずであり、ある程度は無双しちゃって良いと思うのだが、本作の彼は気合が入っていないというか何というか…割とやられている描写が多い。

相手の攻撃を受け続け、最後に一瞬で逆転する戦い方をしているのだが、あっさり逆転して勝っちゃうので、なんだかカタルシスが無い。要は強さを誇る戦闘描写があんまり無いのだ。

あいつ…強いんだよな…というモヤモヤした気持ちで映画が終わってしまったため、観ている側としては消化不良だ。

②盛り上げ方が下手
⇒上記と繋がっているが、総じて本作は消化不良で終わる。起承転結のストーリー構成はちゃんとできているし、クライマックスもある。だが、本作のような映画ではストーリーなんてあってないようなものだ。

それであればしっかり戦いを描いてほしいのがこういう映画なのだが、女性がラスボスのため、ラフファイトはできない。

盛り上げるために何か対策を講じるべきだったが、何かしらの工夫も無いため、気が付いたら事件が収束していた…。

そんなに必要かな、グロ描写

(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

また、本作はグロ描写が満載だ。人の内臓的なものがぶちまけられる描写はざらに出てくるし、モンスター退治の描写もぐっちゃりしている。

私はグロ描写が苦手なわけではないが、正直そんなにいるかいな…というくらい出てくる。その表現に飽きるのだ。

賢い映画であれば、そういった描写はシーンや見せ所をわきまえているのだが、本作は正直過剰だと思っている。グロ描写が苦手な方にはおススメできない。

改めて感じる、ギレルモ監督という変態の偉大さ

ギレルモ・デル・トロ監督は個人的に好きだ。日本の怪獣が異常なまでに好きで、モンスター描写に変態的にこだわるあのオジサンが好きだ。

その変態さんがこだわる描写は、誰が観ても納得するまでに仕上がるし、こういう風に盛り上げたいんだという明確なイメージと意図が伝わってくるため、観ている方も楽しみながら鑑賞できる。

本作もそういう描写に対してのこだわりは伝わってくるのだが、それを活かしきれていないと感じた。

しかし、パシフィックリムしかり、本作しかり、彼が離れてしまった映画は、なぜこうも物足りなさを感じてしまうのだろうか…。やっぱり、愛、なのか…。

一部モンスターのデザインはセンス有るものの…

(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

モンスターのデザインはいくつか秀逸なものがあった。特に巨大モンスターのデザインが秀逸で、そこは良かった。

何かしらをイメージさせる体型をしており、良い具合に気持ち悪かった。

しかし、あとは割と特筆するべきものは無いかなと…魔女やその下僕たちも普通のデザインだったしなぁ…。モンスター映画で、モンスターのイメージが印象に残らないというのは致命的かなと。

まさに美魔女、ミラ・ジョヴォヴィッチ

(C)2019 HB PRODUCTIONS, INC.

本作最大の見どころは、久しぶりに「普通の」きれいなミラ・ジョボビッチが観れることだ。戦える女のイメージが付きすぎて、ゾンビと戦うとか、そういう映画ばかりをよく目にするが、やっぱりきれいな人なんだなと改めて思う。

まとめ:見どころはモンスター描写とジョヴォ様くらい

色っぽいミラ・ジョボビッチが観たい人以外は、特に行かなくても良いかと思う。もし続編があり、それが面白そうであれば予習で観ておくくらいで良いかと。

話題になっていないので、続編も怪しいものだが…。

概要・キャスト

公式URL: http://hellboy-movie.jp/

監督 ニール・マーシャル

デビッド・ハーバー
ミラ・ジョボビッチ
イアン・マクシェーン
サッシャ・レイン

2019年製作/120分/R15+/アメリカ
原題:Hellboy
配給:REGENTS

記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です