はじめての方はこちら

満足度:75% 象は静かに座っている 感想【ネタバレなし】

満足度:75%【ランク高】

あらすじ

かつては炭鉱業で隆盛しながらも、今では廃れてしまった中国の小さな田舎町。友達をかばった少年ブーは、町で幅を利かせているチェンの弟で不良の同級生シュアイをあやまって階段から突き落としてしまう。チェンたちに追われて町を出ようとするブーは、友人のリンや近所の老人ジンも巻き込んでいく。それぞれが事情を抱える4人は、2300キロ離れた先にある満州里にいるという、1日中ただ座り続けている奇妙な象の存在にわずかな希望を求めて歩き出す。

怪物の片鱗を垣間見たかのような映画

本作鑑賞後の感想を一言で表すなら、とにかくセンスの塊のような映画であった。まだ未完の大器が、その実力をはじめて示したかのような、とてつもない怪物の片鱗を見たかのような感覚。

本作で鮮烈な映画デビューを果たした胡波(フー・ボー)監督の前評判は、鑑賞後に納得した。それと同時に残念なのは、彼が既に他界してしまっていることだ。もっと、より洗練されていく彼の映画を観てみたいと、素直に思える作品だっただけに、非常に悔しい。

商業的な側面を嫌う方だったようだが、自分の感覚へ正直に従った結果、このような傑作を残すこととなった。

とにかく長尺の4時間!

本作は、合わない人には全く合わないだろう。というのも1つのシーンが長く、通常の映画ではカットしているような、一見無駄とも思えるシーンが多く使われている。

しかし、本作はあくまで各人物の1日を切り取った映画であり、心理的変化を描くために必要であったと言わざるを得ない。

そのため、早く次のシーンを観せて!というせっかちさんには全く合わない映画だ。さらに物語全体の雰囲気も暗い。1シーンに対して情緒をもって接することができる、若干コアな映画ファンには非常に受けが良いと思われる。ゴッドファーザーを長いと感じない方にとっては、全く問題ない。

何はともあれ、234分と非常に長い映画であり、途中でトイレ離脱は必須。私の愛する、福岡のKBCシネマでは長すぎて特別料金2,200円かかってしまった。福岡の皆さんはご注意ください。

群像劇が織りなす人生模様

本作は主に4名の視点から物語が進む。同じ地域に住むが、それぞれ異なる悩みや葛藤を抱え、それに対し足掻く人々が、最終的にひとつの目標に対して繋がっていくことが本作のストーリーだ。

これらの登場人物は誰もが鬱屈とした生活を送っており、現在の生活に何も光を見出していない。中国の地方都市の中でも、さらに深い部分をリアルに描いたという印象だ。

彼らは何に対しても希望を持つことができない。難しいのは、それが決して貧困だけの理由ではないということだ。そういう点だけを見るならば、日本やどこの国でも起こっている身近な問題なのかもしれない。

鬱屈とした雰囲気から滲み出る『映像美』

上述した通り、本作は全体的に鬱屈とした雰囲気の映画だ。通常であればただの凡作なのだが、この鬱屈とした世界を、フー・ボー監督はなぜか美しく魅せることができる。

全体的に青味がかった映像は、この映画独特の雰囲気を固定。さらにカメラアングルを細部に至るまでこだわることで、非常に美しい映像を見せてくれる。

こだわりぬかれた職人芸のような映像は、作品全体を通じて楽しむことができる。

ノスタルジックな音楽が秀逸

本作で音楽は重要なポイントでしか使われないが、そのタイミングも良ければ、かかっている音楽も秀逸だ。

メインミュージックであろう音楽は、ピアノの旋律・パーカッションをベースに、シンセサイザーで作られたであろう、エレクトロニックなメロディが重なる独特の曲。

まるで登場人物それぞれを代弁する音を用意し、全てかけ合わせたような雰囲気の曲になっている。まさにこの映画の為に作られた曲であり、映像とセットで観ることでその良さをさらに高めている。

まとめ:映画は素敵。それだけに残念。

以前から本作には興味を持っていたのだが、如何せん福岡は公開が遅いのでこのタイミングとなってしまった。

これこそ、おススメする人を選ぶ映画ではあるので、無理におススメはしない。ただ、この独特の空気感が気になる方にはぜひ見ていただきたい。この空気感が今の中国には漂っているのかなと、ふと思う映画だ。

監督の次作を観たくてしょうがない。

概要・キャスト

公式URL: http://www.bitters.co.jp/elephant/

監督 フー・ボー
チャン・ユー
パン・ユーチャン
ワン・ユーウェン
リー・ツォンシー

2018年製作/234分/中国
原題:大象席地而坐 An Elephant Sitting Still
配給:ビターズ・エンド

記事画像参照元: (C)Ms. CHU Yanhua and Mr. HU Yongzhen

「象は静かに座っている」映画感想:オグマの映画レビュー
更新情報はTwitterでお知らせ中!フォローはこちらから!

記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月別