はじめての方はこちら

満足度:85% 黒い司法 0%からの奇跡 感想【ネタバレなし】

満足度:85%【ランク高】

あらすじ

黒人への差別が根強い1980年代の米アラバマ州。犯してもいない罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルターを助けるため、新人弁護士のブライアンが立ち上がるが、仕組まれた証言や白人の陪審員たち、証人や弁護士たちへの脅迫など、数々の困難に直面する。

時代が違えば、名作として扱われていたであろう作品

黒人差別の問題を取り上げた映画は、これまでにも数多くつくられており、映画としての完成度に差はあれど、どれも人として社会に扱われない様を、エモーショナルに描いている。

本作もそういった「黒人差別問題」のど真ん中を描いている作品だ。ちゃんとした原作が存在することと、実在の人物がモデルになっていることもあり、王道の映画でありながらリアルな雰囲気が全編を通じて漂っている。

作品としての完成度は高く、モデルになった方には失礼だが、個人的には非常に面白く、勉強になった作品だった。

本作がもし、黒人差別を撤廃する社会的ムーブメントの中で作られていたら、確実に世間の注目も高かったであろう。日本で注目されていないのが、非常に残念だ。

しかし、今制作されたことに対して、意義のある映画であることは疑いようが無く、そのポイントは下記だと私は考えている。

理由①:わずか30年前~現代のこと

本作の舞台は、なんと1990年代だ。冤罪を着せられたのが1987年であり、アラサーの人々が生まれた年。日本では昭和から平成へ移行する年代。

そんな近代においても、手酷い差別が残っていたというのだから、驚きを通り越してショックを感じる。差別の問題に最も声を上げるのは米国というイメージがあるが、地方によってそれも開きがあるのだと本作では知ることができる。

その冤罪などの影響は、現代にまで残っているというから、さらに恐ろしくなる。

今、世界ではLGBTへの平等性が問われているが、差別の根本は全て同じである。それを改めて考え直す機会を、本作は与えてくれる。

理由②:死刑囚へのスポットライトが、より感情を揺さぶる

死刑とはすなわち極刑であり、個人の尊厳に対して、また生命というものに対して極めて重い決断であるというのは言うまでもない。簡単に言えば、取り返しがつかないものであるということだ。

本作を鑑賞していると、そんな死刑への対応が、こんなにも杜撰に行われていたのかと驚愕する。あまりにも人の命が軽い。その理由もただ一つ、黒人であるからというだけである。

自らの命という、最も重要な尊厳に対して、理不尽な怒りや葛藤が本作では見事に表現される。その様が本当に観ていて辛い。人物描写が本当に見事な映画だった。

ジェイミー・フォックスとブリー・ラーソンは貫禄の演技

主演のマイケル・B・ジョーダンは、本作でも中々クリードシリーズの雰囲気が拭えないなと、個人的には思ってしまったのだが、演技自体は非常に良かった。

だが、本作を名作に押し上げたのは、間違いなくジェイミー・フォックスとブリー・ラーソンである。共にアカデミー賞の主演を獲得している二人であり、圧巻の演技であった。

ブリー・ラーソンは助演に徹しているが、とにかくその様がナチュラル。本当にその場を体験したかのような演技であり、特徴的な顔立ちであるはずなのに、キャプテン・マーベルの雰囲気を一切感じさせない。最初は同一人物なのかちょっと疑ったくらいだ。

そして、ジェイミー・フォックスに関しては、もう…こういったドラマ系を演じさせたら、本当にとんでもないことになるな、と。本作では死刑囚の役を演じているが、その諦観、絶望、押し殺した怒りなど、観ているこちらが冷や冷やするほどに、引き込んでくれる。

この二人が出ているドラマ系の映画で、面白くないわけが無い、というのを改めて感じた次第だ。

まとめ:もう一度、大切なことを忘れないために

人には感情がある。私も、少なからずちょっとした差別をしているという感覚はある。しかし、それによって個人の尊厳が失われるようなことはあってはならない。

今も、このような人として「幼稚な」差別が続いていることは、容認してはならない。

なんだか珍しく真面目になってしまったが、そう考えさせるような魅力のある作品である。

概要・キャスト

公式URL: http://wwws.warnerbros.co.jp/kuroi-shiho/index.html

監督 デスティン・ダニエル・クレットン

マイケル・B・ジョーダン
ジェイミー・フォックス
ブリー・ラーソン
オシェア・ジャクソン・Jr.
ロブ・モーガン
ティム・ブレイク・ネルソン

2020年製作/137分/G/アメリカ
原題:Just Mercy
配給:ワーナー・ブラザース映画

記事画像参照元: (C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

「黒い司法 0%からの奇跡」映画感想:オグマの映画レビュー
更新情報はTwitterでお知らせ中!フォローはこちらから!

記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です